FC2ブログ
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. くじらのお礼まいり
  4. 宮窪 » 
  5. くじらのお礼まいり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

くじらのお礼まいり

宮窪には、 くじらのお礼まいり という昔話があります

まんが日本昔ばなしでも放送されました

くじらのお礼まいり


私たちが、潮流体験を行っていた頃には、このお話をするとお客さんに、結構、喜んでいただきました

私は、ボランティアガイドをしていましたが、他のガイドと若干話の内容が違っていて、リピーターのお客さんにうけていました

本当にくじらが来たんです
くじら

くじらを助けたお地蔵さんがいるのが、鯛崎島
写真は、その鯛崎島と鵜島の間で撮られたものです

現在のお地蔵さん
お地蔵さん

潮流体験の船に乗ると、近くで説明してくれます

ニコニコ動画
クジラのお礼まいり


参考

鯨と地蔵さまのお話
                                                 
宮窪港より北東約800メ-トル沖合いに浮かぶ、国指定城跡「能島」の手前にある「鯛崎島」の鯛崎鼻には、昔から石の地蔵さまがあり、あたかも宮窪瀬戸の航海安全をお祈りしているように見えます。「鯨と地蔵さま」のお話は、この石の地蔵さまにまつわる伝説です。                                                              
-クジラのお礼まいり-

ずぅっとむかしの話じゃ。宮窪の沖に鯛崎島というこんまい島があろが。その島の磯の上に石の地蔵さまが立っとってのう、ある年の春のことじゃが、子クジラがようけと親クジラとが遊んどったんじゃ。子クジラはみんな仲よう遊んどるんでのう、親クジラは安心してねや、うとうとと大けな岩の上で昼寝を はじめたんじゃ。ところがねや、おおごとになったんじゃ。しらんまに潮が引 いてしもてねや、親クジラが目をさましたときはのう、浅そうなってしもて泳 げんようになったんじゃ。大けなからだからだは、どうもでけんようになって しもたんじゃ。そのうちに子クジラも気がついて大さわぎになったんじゃ。親 クジラは、いっしょうけんめいばたばたしたんじゃが、どがいにしても大けな からだは岩からはなれんのじゃがいや。えらい苦労しとる親クジラとまわりで さわいどる子クジラを見てのう、地蔵さまはかわいそうになってきたんじゃろ ねや。すっくと立ちあがって、衣のすそをからげて、磯のさきまで歩いてこら れたんじゃ。そいでの。海をじっとながめておられたのじゃが、両手をむすんで、衣の下で動かしておいでじゃったが、「ふうっ。」と大けな息をふき出されたんじゃ。ほいたらの。タコ・イカ・スズキ・ギザミ・ホゴやなんか魚がようけ出てきての、親クジラのまわりに集まってきたんじゃ。ほいての、お地蔵さまが「よいしょ。よいしょ。」とかけ声をかけたんじゃ。それに合わして、集まったようけの魚たちも、「よいしょ。よいしょ。」とかけ声をかけ、力を合わして親クジラを深い海へおろしてやったんじゃ。クジラは、大よろこびでのう、地蔵さまの前を何回も行ったり来たりしよったんじゃが、子クジラといっしょに、「ほんまにおおけに。わたしらは、来年から毎年、なかまといっしょにお礼まいりにこさしてもらいます。」とあいさつをして、泳いでいったそうじゃ。それからはのう、毎年お礼まいりに来よるんじゃ。多い年は30頭にもあまるが、少ない年でも3、4頭はきまってお礼まいりにやって来るんじゃ。土地の人はのう、クジラの群れが、大けなからだを半分ほど海の上に出して泳いどるのを見るとねや、「ああ、ことしもクジラが、お礼まいりに来とるぞ 。」というて、お地蔵さまの方を向いて、両手を合わせたということじゃ。 このクジラは、イワシをえさにしよる「イルカクジラ」じゃそうな。からだ
は、2~3間(約4~6メ-トル)ぐらいもあるそうじゃ。
──宮窪町誌より一部手直し──

───近年、えさのイカナゴやイワシが少なくなったためか、クジラを見かけた───
 という話は、ほとんど聞くことはありませんでしたが、(平成13年6月)2頭のクジラが、鯛崎島周辺を回遊しているのが目撃されました。クジラのお礼まいりの再開かもしれませんね。                
関連記事

Comment

塩屋さんへ

地元のことは割と知らないもんですよv-40

宮窪には幸に、名誉町民にもなった 矢野勝明先生がいたから知っていることも多いのです

「宮窪むかしむかし」という本を残してくれましたv-421

ありがたやありらがやv-435

  • 宮窪のおっさん [#-] |
  • URL |
  • 2008 05/26 (Mon) 20:14
セレンさんへ

地元の事を次の世代に伝えていきたいですね

そして自分のふるさとを自慢出来るようになってもらいたいです

私は、仕事で大島石に関わるようになりましたが

石屋治右ヱ門の事を知らなくてショックでしたv-399

近い内に記事にします

  • 宮窪のおっさん [#-] |
  • URL |
  • 2008 05/26 (Mon) 20:09
初めてです。

同じ島に住んでいながら知りませんでした。v-410

へーーー!
面白い話しですね。

最近、「日本昔話し」も放送されてないですが
子供らが小さいときはよく見てたし
本もおおげさに読み聞かせ、喜ばせたもんです。

都会から来た人たちは喜ぶでしょうね!v-348

吉海の話しも結構おもしろいのがあるんですが
又、調べときましょわい。v-356

  • 塩屋さん [#-] |
  • URL |
  • 2008 05/26 (Mon) 09:16
No title

そうそう、そうでした。
こういうのは 親や、おじいちゃん、おばあちゃんが子供に読み聞かせるのに・・・いいですよね~。
えっと、念仏山の話とか
小学生の劇も見た事があります。

故郷の民話というのを 以前いただいたのですが、そのままですね。

もう一度読み直したくなりました。

だいたい、小学校の校歌にある 高取のぉ~♪という 高取山へも行かなくなったのですから・・・。

本当は校歌にある場所くらい 知っておきたいですよね。

  • セレン [#kXhYDmr6] |
  • URL |
  • 2008 05/26 (Mon) 07:08
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://murakamitakeyoshi.blog122.fc2.com/tb.php/102-8072c3a4 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

最近の記事
プロフィール

宮窪のおっさん

Author:宮窪のおっさん
宮窪のおっさん

ブログランキング

ブログランキングに参加しています 今治を盛り上げたいおっさんに 1日1回お願いします 人気ブログランキングへ

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近のコメント
友だちブログなど

愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」

ブログランキング
人気記事ランキング

鼻栗瀬戸 潮汐表
QRコード
QRコード
ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。